社団法人 国際護身武術連盟 剣

日本武術から生まれた、初心者や女性にも最適な実戦護身術!
東京、名古屋、大阪、神戸、福岡、札幌で学べます!
03-6657-5001

学校プロジェクト
社団法人 国際護身武術連盟「剣」 HOME > 学校プロジェクト > 中高生向け学校プロジェクト

中高生向け学校プロジェクト プログラム内容

小学校向けよりも座学を多めにして命を護るために必要な知識を学びます。
その知識を様々な体験を通じて知恵に変えていきます。
机上の空論ではなく実際に命を護ることができる方法を心を込めてお伝えして参ります。
※下記はプログラムの一例です。

◆座学
訓練の合間合間に座学を入れて飽きない(集中力が途切れない)工夫をしています。
・護身術の大切さ
・護身術は生涯にわたって自分を護るチカラとなること
・護身術は自己確立につながる
・不審者というのはいないという話
・間違った常識を捨てる
・狙われやすい人物像
その他・・・

◆大声で叫ぶ
・恐怖心を押さえ気力を振り絞る
・火事場の馬鹿力の話
心を開き訓練に対する意欲を高めていきます。

  • 中高生向け学校プロジェクト01
  • 中高生向け学校プロジェクト02

◆緊急時の呼吸法で肚を据える訓練
・恐怖心を押さえて気力を振り絞る
・大事な場面で力を存分に発揮する
・動じない自分、ブレない強さを身につけることで人生の苦難困難を乗り切るという話

◆犯罪機会論
人から場所、空間に視点を変えることで犯罪に巻き込まれる機会を無くす

◆歩きスマホの問題点
実際に体験してもらい、歩きスマホがいかに危険かを認識してもらう

◆見られていることに気づく訓練
・訓練によって制度を高めていく
・シチュエーションを変えながら訓練

◆警戒していることを相手に伝える
・チラ見
・抑止力の話

◆パーソナルスペース
・個体距離の話と体験
・個体距離に近づいてきたら離れる訓練(ルール作り)

◆護身術
・手首を掴まれた時
・肘、肩を掴まれた時
・首を締められた時
・抱きつかれそうになった時
・抱きつかれた時
・後ろから口を塞がれた時
・突然殴りかかってきた時

  • 中高生向け学校プロジェクト03

ご相談等はお問い合わせフォームにお願いします
お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちらから
03-6657-5001(事務局)

お申込みはこちらのフォームでお願いします
お申し込みフォーム