社団法人 国際護身武術連盟 剣

日本武術から生まれた、初心者や女性にも最適な実戦護身術!
東京、名古屋、大阪、神戸、福岡、北海道で学べます!
03-6657-5001

実戦護身術『剣』札幌セミナー

札幌初の3ステップセミナー!!

札幌初の3ステップセミナーがいよいよスタート!!

3ステップセミナーとは通常のセミナーと違い、
実戦護身術『剣』を三回に分けて、
柔術技法・対打撃技法・対武器技法をそれぞれ専門的に学ぶセミナーです。



今回は『日本武術の極意が活きた目からウロコの対武器技法』
剣護身術独自の「和ノ戦術」から「負けない戦い」ができる技法を学びます。

武道指導者はもちろん、
武道を経験したことがない方もスタッフが懇切丁寧に指導させていただきます。
どうぞ安心してご参加ください!!





期待を遥かに上回る護身術・護身武術セミナーでした!
護身術の5段階・呼吸法・身体の意識と操法・対打撃技法・対短刀技法・・・
いずれも、目からウロコの連続でした。

ブログやHPでの謳い文句は決して大袈裟ではありませんでした。
確かに「本物の護身術には感動がある!」これこそ、今まで武術に関心がなかった人達、
特に女性や子供達に知ってもらいたい、身につけてもらいたい術です。
受講者の感動の声

  • 札幌セミナー01
  • 札幌セミナー02
  • 札幌セミナー03
  • 札幌セミナー04
  • 札幌セミナー05
  • 札幌セミナー06

セミナー詳細

  • 日時

    平成29年3月26日(日) 13時開場  13時20分~16時40分(3時間20分)

  • 会場

    白石区体育館 柔道場
    札幌市白石区南郷通6丁目北1
    電話:011-861-4014
    アクセスはこちら
    ※見学は不可

  • セミナー内容

    テーマ『日本武術の極意が活きた目からウロコの対武器技法』

    ①刃物に対しての考え方
    ・迷わず逃げること
    ・逃げられない状況での対刃物技法
    ・致命傷を避けるための技法

    ②刃物攻撃の捌きを覚える
    ◆構え、手の使い方
    ◆捌きの型1
    捌き~当身~崩し~投げ~逮捕術
    ◆捌きの型2
    捌き~当身~崩し~投げ~逮捕術

    ③和ノ戦術から斬られない戦術を学ぶ
    ◆和ノ戦術をベースとした対刃物技法の戦い方
    ◆突き攻撃もスラッシュ攻撃も<一緒くた>にする
    ◆前蹴りを有効活用
    ◆ライト組手(怪我のないよう安全に行います)

    ※セミナーでは極意をお伝えするのでビデオ撮影、音声録音はご遠慮ください。

  • 定員

    20名まで(最低催行人数 10名)
    ※10日前までに最低催行人数に達しない場合、中止といたします。

受講料

剣メンバーズ 一般 学生・シニア(60歳以上) 友達割引
4,500円 5,500円 4,500円 2人で10,000円
  • 剣メンバーズはこちら

    ※キャンセルやご欠席による返金は致しかねますので、予めご了承ください。

    ◆お支払い方法は銀行振込・クレジットカード決済(PayPal決済)からお選びいただけます。
     ※クレジットカード決済の場合、事務手数料が別途かかります。

  • 持ち物

    筆記用具
    動きやすい服装
    水分補給ができる飲み物
    汗ふき用タオル
    サポーター類(持っている方 グローブ・肘・膝・脛・ファウルカップ・ヘッドガード・レッグガード)

  • 交流会

    セミナー終了後、交流会を企画しております。
    交流会のみのご参加ができます。
    剣護身術、ヒーロ黒木と交流してみませんか。
    ご参加お待ちしております!!

下記参加規程をお読みの上、内容に同意いただいた方のみ、お申し込みフォームへ移動してください。

携帯メールからお申込みの方へ
携帯メールからお申込みの場合、パソコンからのメールが受信拒否になっていることがありますので
下記のアドレスを受信可に設定願います。
ドメイン名: gmail.com

お申し込み

参加規定

【重要】
◆当団体及びスタッフはセミナー開催において怪我や事故の防止に最善を尽くしておりますが、「護身術の練習」という性質上、100%安全というわけではありません。
セミナーでは個人の傷害保険には加入しておりません。
各自でスポーツ保険等にご加入いただくことをお勧めいたします。

◆万一の事故に対しての怪我や事故、貴重品荷物の紛失等に関しては、当方では一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
特に、セミナー中の怪我に関しましては、応急処置などの対応はいたしますが、その他の責任は負えません。
各自でスポーツ保険などにご加入いただくことをお勧めいたします。